デビュー

初々しい!Goosehouseメンバーの初登場楽曲をまとめてみたよ。

2015/12/20

全てはここから始まった。

winding road/絢香xコブクロ (Cover)

2010年6月19日 UST放送。全てはここからがはじまりました。Goosehouseの前身Play You. House 1st シーズン 第1回目の放送です。言わずもがな、みんな若い!そして楽しんでる!!粗々しさもあるけれど逆にそれが良かったり、力強さが色んな事を凌駕しています。

スポンサーリンク




この全ての始まりの楽曲の熱を冒されて Goosehouseのファンになった人も多いはず。

関取 花さんの初登場

Love/平井堅(Cover)

2010年6月26日 UST放送。第1回目の放送か1週間後の2回目のUST放送です。関取 花さんの初登場です。コーラスとしての参加楽曲ですが中央でいきなり存在感を発揮しています。

竹澤 汀さん・中村 千尋さんの初登場

 歩いて帰ろう/斉藤和義(Cover)

2010年10月2日 Play You. House 2ndシーズン 第1回目のUST放送。竹澤 汀さん・中村 千尋さんの初登場です。1stシーズン最終回で関取 花さんが最後となり2ndシーズンからこの2人を迎え、しばらくGoosehouseはこの8人体制となります。汀さん今とあんまり変わらないですね。

マナミさんの初登場

すばらしい日々/ユニコーン(Cover)

2011年10月1日 UST放送。Goosehouse9回目の放送でマナミさんの初登場です。選曲が懐メロでちょっと意外な初鳴きが印象的でした。マナミさんが歌い始めて『ヤバイっ!!』って衝撃が走ったのを覚えています。小さなマナミさんのパワフルな歌声にGoosehouseの更なる進化を確信したのでした。お花のアクセサリーとか服装も今のマナミさんとは雰囲気が違います。こんなマナミさんのありかな笑。また初回の放送では正式メンバーではなくメンバー候補という立ち位置でした。トリビアですがUST放送をご覧いただくとマナミさんの苗字がわかります。挨拶のコメントが真面目で可愛いです。

沙夜香さんの初登場

 アイシテル/清水翔太(Cover)

 2011年10月15日 UST放送。マナミさんが加入した次のUST放送で沙夜香さんが初登場です。なんだが全然デビュー戦っぽくなくて...このころから沙夜香お姉さんの大人の雰囲気が満載です笑。でも実は沙夜香さんはこれまで一切、人前で歌ったことがなく文字通りUST放送が人前で歌う正真正銘のデビュー戦でした。これまでにいなかった背が高いお姉さんキャラの登場に興奮したのは内緒です。沙夜香さんもメンバー候補という形でした。ちなみにこの回は工藤くん、木村くん、ジョニーもおらず男はd-iZe一人のハーレム会だったのです。

ワタナベ シュウヘイさんの初登場

愛をこめて花束を/Superfly(Cover)

 2012年6月23日 UST放送。前の月に齊藤ジョニーさんが卒業してしまい、ぽっかりと大きな穴が空いてしまった次の放送…その大きな穴を余りある大きさ(いろんな意味で)で埋めてくれた大型新人ワタナベ シュウヘイさんの初登場です。トークもはじめっから新人っぽくありませんでした。容姿もインパクト大でしたが、この楽曲の歌い出しで戦慄しました。全然、新人っぽくないわっしゅうがGoosehouseの屋台骨となる事を確信したのは言うまでもありません。

おともだち 片平 里菜さんの初登場

花の名/Bump Of Chicken(Cover)  

最後はおまけでOTOMODACHI片平 里菜さんの初登場をご紹介いたします。2012年3月31日のUST放送できゃたぴーこと片平里菜さんの初登場です。一緒に歌うことが決まった後、竹澤 汀さんはきゃたぴーのライブに一度足を運んだというエピソードが紹介されました。汀さんもきゃたぴーとのセッションに緊張していたようです。ちなみに『きゃたぴー』というニックネームは片平 →キャタピラ→きゃたぴーという事でd-iZe兄さんが勝手に呼び出して本人に了承を得たとのことでした。

まとめ

えっ、あの歌がGoosehouseデビュー戦の歌だったの?といった意外性はありましたでしょうか。初々しさあり、意外性あり、今とあまり変わっていなかったり、雰囲気が全然違っていたり。Goosehouseメンバーが成長してきた時間と同じだけ、私たちも同じ時間を重ねてGoosehouseを楽しんでいるんだなぁとなんだか感慨深いものがあります。いろんな楽しみ方がありますね。

今日もGoosehouseが楽しいです。

-デビュー