メンバー 関取 花 齊藤 ジョニー

Goosehouse 竹渕慶さんとd-iZe兄さんが『神』と連呼した伝説のユニットが存在していた件について

2016/11/27

スポンサーリンク




Wikipediaにも登場しない幻のGoosehouseユニット...

Goosehouseには様々なユニットが存在します。それぞれにはユニット名があり、お互いの可能性を引き出しあい、楽曲の完成を極限まで高めあう。そんな素晴らしい才能が集うユニットがGoosehouseからたくさん誕生してきました。そんなGoosehouseのユニットの中にたった2曲しか歌っていないのにd-iZe兄さんや竹渕慶さんがそのユニットを神!と連呼し賞賛した『伝説のユニット』が存在していたのを皆様ご存知でしょうか。しかも、そのユニットはWikipediaにも載っていないのです。そう、この中にも無いのです↓。

スポンサーリンク




Wikipedeiaよりユニット一覧を抜粋

Johnny Beans /齊藤ジョニー・d-iZe
なんだ神田K.K. /神田莉緒香・木村正英・工藤秀平
1150 (ひとひとごーまる。)/神田莉緒香・齊藤ジョニー
849 (やしっく)/d-iZe・竹渕慶
ONDOSA /工藤秀平・竹澤汀
signal /工藤秀平・d-iZe・竹澤汀
豆英(まめひで)/d-iZe・木村正英
ミニマム /マナミ・神田莉緒香
R25(チームアダルト)/d-iZe・沙夜香・マナミ
ちーむプシュケ /竹澤汀・マナミ・(新:沙夜香・旧:神田莉緒香)
ふぇあみり〜 /マナミ・工藤秀平・神田莉緒香
チームパワフルモリモリ/ワタナベシュウヘイ・竹渕慶・マナミ
大人の余裕/ワタナベシュウヘイ・沙夜香・齊藤ジョニー
お兄さんお姉さん/工藤秀平・沙夜香
チームおじさんおばさん/マナミ・ワタナベシュウヘイ
THE マジック/マナミ・齊藤ジョニー・工藤秀平
Goose houseの2人/竹渕慶・マナミ
SMXL /マナミ・工藤秀平・ワタナベシュウヘイ
わっしー/竹渕慶・マナミ・竹澤汀
あめちゃんず/竹渕慶・竹澤汀・沙夜香
しゅうへいず/工藤秀平・ワタナベシュウヘイ
k.k./工藤秀平・木村正英

ユニット名が無いわけではないのに、Wikipediaにも載っていない。それすらがある意味、伝説なのですが、その相性の良さ、楽曲の完成度の高さからメンバーが口を揃えて褒めちぎる伝説のユニットがGoosehouseには存在したのです。

youtubeにアップされたその伝説のユニットの動画をみたメンバーの会話をご紹介いたします。

(UST放送playyouhouse 2nd 1227 #009より。敬称略にて失礼いたします。)

d-iZe:!このバージョンは

竹渕慶:この2人は最強のコラボネーションだと思うよ。

斎藤ジョニー:これは僕の個人的HOY

神田莉緒香:この曲はメンバー全員が歌える。これって凄いことだよ。

d-iZe:自然体で歌えるアーティスト

竹渕慶:そう天才的なね。

神田莉緒香:…がかっている。

竹渕慶:(ため息をつくように)ほんとにねー!さっきも言いましたけど・・・

この二人はですよ。この二人のコラボレーションはですよ! 

竹渕 慶さんとd-iZe兄さんに神と連呼させ、異口同音でメンバーがこのユニットは凄い!天才的だ!と言わせる、そんなユニットが過去にあったでしょうか。これは決して、Goosehouseメンバーが茶化しているわけではなく、アーティストの才として純粋にこのユニットをリスペクトしている。そんなメンバーの心からの賞賛の声なんです。

スポンサーリンク




Goosehouseでたった2曲だけしかコラボが実現しなかった伝説のユニット

wikipediaにすら名前が載っていない、そのユニット名とは

ハニー(別名:シュニー)

といいます。

メンバーは…そう。

齊藤 ジョニーさんと関取 花さんです。

さて、鳥肌の準備はよろしいでしょうか?

ハイウェイ賛歌(Original)/齋藤ジョニー&関取花

この曲は齊藤 ジョニーさんが上京して初めて首都高に乗った時の感動を歌ったオリジナル曲です。冒頭のジョニーさんのギターが始まるやいなや、d-iZe兄さんはこのヴァージョンは神!と言い切ります。ツイッターの感想にもあったように、2人とも個性的な声なのに一切けんかをしていないという奇跡。けんかをしないどころか凹と凸がぴったりと合わさったかのような声の相性。

メンバーが嫉妬をするレベルの相性を持つユニット。
それがハニー、またの名をシュニーという伝説のユニットなのです。

この曲に続いて次は関取 花さんのオリジナル曲を2人で歌い始めます。

汽車のうた(Original)/関取花&齋藤ジョニー

ギター2本による演奏と歌。はなちゃんのストロークにジョニーさんが色をつけていきます。『あぁ...この二人には根底に繋がっているものがあるんだろうなぁ』という根拠の無い確信が心のなかに湧き上がってきたのを覚えています。

この曲は花さんが楽しい曲と書きたいと思って書いた曲。
もっともっと花さんのこういう歌が聴きたいと思ったのでした。

スポンサーリンク




Goosehouse伝説のユニット その名も ハニー

いかがでしたでしょうか?この2つの楽曲...聴いたことはありましたでしょうか。特にPlay You House時代のソロオリジナル曲は再生数が少なかったりするのです。この2曲もしかり。

そんな歌のなかにこそキラリと光るGoosehouseの原石がある。時にGoosehouseのメンバーのソロオリジナル曲を中心に聴いてみるのもGoosehouseの楽しみ方の一つではないでしょうか。

d-iZe兄さんが、慶ちゃんが、莉緒香ちゃんが、そのコンビネーションを神のレベルと称え、そしてジョニーと花ちゃんが自分たちの相性の良さを否定しない、そんなこの素晴らしいユニットの曲はもっともっとたくさんの人に見てもらう、聴いてもらう価値のある動画だと思っています。

今日もGoosehouseが楽しいです。

スポンサーリンク




-メンバー, 関取 花, 齊藤 ジョニー